海外のユニークな雑貨から可愛い動物まで「シュシュ」

並べてみるとビックリ!イギリスの硬貨

イギリスで使用されている硬貨には、小さいものから、1ペニー、2ペンス、5ペンス、10ペンス、20ペンス、50ペンス、1ポンド、2ポンドの8種類があるそうで、下の画像は2ポンド以外の7種類の硬貨です。

Break time

一番左は1ポンドの硬貨で、イギリスの国章にある盾がモチーフになっています。
こちらが国章で、中央に盾があります。

Break time

そして、1ポンド以外の他の硬貨は、それぞれ異なったデザインになっているのですが、
実は、ある並べ方をしてみると…

Break time

ちゃんと、イギリスの国章の盾になっているんです!

パズルのように並べて、ひとつのデザインになるというのは素晴らしいアイデアですね。

このデザインは2008年から始まったそうなんですが、一般からの公募により募集されたそうで、4000件ものデザインが集まったそうです。
そして、その中から当時26歳のグラフィックデザイナーMatthew Dent氏のこのデザインが採用されたとのこと。

イギリスの硬貨は、20代のデザイナーのデザインだったんですね。
ちなみに、Matthew Dent氏には、造幣局からデザイン料として35,000ポンド(当時の日本円で約700万円)が支払われたということです。

自分のデザインが、国の硬貨としてずっと使われ続けるというのは凄いことですね。

画像元:http://www.gamenews.ne.jp/archives/2008/04/post_3328.html


この記事をお友達に紹介 ♪


Related posts