海外のユニークな雑貨から可愛い動物まで「シュシュ」

福岡・博多駅前の医療レーザー脱毛



同じように見える脱毛処理であっても、利用する機械によって肌に対する脱毛処理の効果は大きく異なります。

実際に、脱毛サロンと専門的な医療脱毛で使われている脱毛器は、原理的には実は同じものを利用しているため、体毛を処理する方法としてはそれほど大きく変化することはありません。

ただ、専門的な医療脱毛を実施しているクリニックでは、光と比べて長期的な体毛処理の効果を体感できる特徴があります。
なぜ同じ原理で処理をしているのに両者で結果が大きく異なるのでしょうか。
これは、利用されている機械の出力に大きな違いが存在するからです。

サロンで利用されている機械は光を利用していますが、この光は単一な波長を利用しているわけではなく、照射範囲を広げるために複数の波長を混ぜて利用しています。

複数の波長を含ませているケースでは、照射範囲を広くできるメリットがある一方で、一転に対する照射能力は小さくなるので体毛の処理能力は落ちます。
そのため、サロンで利用される光は効果が小さく、その代わりに肌に対するダメージが小さいというメリットがあります。

反対に、医療脱毛で使われるレーザーは、サロンの光の波長と比較して単一の波長が用いられています。
レーザー脱毛なら医療脱毛クリニック(福岡)

単一の葉量を利用したレーザーは、人体に対して強力な威力を持つようになりますので、一部分にこれを照射すると強力な熱エネルギーを放出するようになります。



光を利用した処理は、この熱エネルギーを使った処理になりますので文字通り体毛を償却することを意味しますが、レーザーの場合は毛根の細胞事焼き切ることができますので、体毛の成長に大きな影響を与えるようになるわけです。

ただ、レーザーの場合は出力が大きいので、患者に対する肌への負担が大きく一度の手術で何度も手術ができない特徴もあります。

光とレーザーは、それぞれ顧客の要望に応えるためにメリットとデメリットが存在するので、利用する際には患者の目的をきちんと確定させておくことが大切になります。